登録手数料とは?

中古車購入に必要な費用とは

新車と比較すると手軽な値段で買うことの出来る中古車ですが、使用年数や細かい部分をチェックすることは大切です。また中古車を購入するには車体価格だけではなく諸費用もかかります。例えば登録料金や税金、納車するために必要な費用など様々なものがあるのです。費用に関して法定費用と代行費用に大きくわけることが出来ます。

法定費用とは自動車税や自賠責保険料、ナンバー代や印紙代などですが、購入する中古車により車両重量や車検の残りがどれくらいあるのか、排気量などで細かく変動するのです。これらは販売店が決めている訳ではなく、地域により設定されています。一方で代行費用は法定費用のように公的機関に支払う費用ではありません。

登録手数料はなぜかかるのか

代行費用とは法定費用とは異なり、中古車販売店に支払う費用のことをいいます。車の登録を販売店が代行するための代行費用や、手間賃などをあらわしているのです。その中でも登録手数料は中古車を購入する上で重要なものであり、車の名義変更や移転登録手続きをするために必要な費用のことをいいます。中古車を購入する人が必要な書類を用意する必要がありますが、購入する本人が必ず行わなければならないということではありません。販売店や行政書士に代行してもらうことが可能なのです。

また運輸支局に購入者が自ら登録するために出向くことも可能で、車検がきれていても名義変更は出来ます。しかし車検がきれていると公道を走ることは出来ないので、運輸支局に運ぶための掲載車や仮ナンバーを用意する必要があります。