メーター交換履歴がないか

メーターの交換による不正なデータ改ざんの事例

需要の増加に伴って中古車販売店の数は増加傾向にありますが、中には顧客を騙して利益を出そうとする悪質な業者も存在します。悪質な業者が購入者を騙そうとする手口はいくつかありますが、中でも多いのがメーターの改ざんです。走行メーターはその車が走った距離を表すために備え付けられているパーツになります。消耗品である車は長く走ればそれだけ各パーツの寿命が短くなるのでその分値段が安くなります。逆に走行距離が少なければ新品に近い状態となるので高額で販売することが可能です。 悪質な業者は少しでも高い金額で車を販売するために、実際の走行距離よりも半分近く少ない数字に改ざんをする事例もあります。購入者が改ざんに気付かず表示されている数字を信じて高値で購入してしまうケースも少なくありません。

メーターの改ざんを見抜く方法

時代の移り変わりの中で大半の車がアナログからデジタルに移行し始めているので以前よりも減少傾向にありますが、全く無くなったわけではありません。悪質なメーター改ざんを見極めるポイントの一つが走行距離欄のチェックです。中古車の購入では契約書に走行距離を記載することが義務付けられています。契約書と車検証に記載されている走行距離を比較して、車検証の数字の方が大きい時は車検後に改ざんされている可能性があるので注意が必要です。 書類に不明など具体的な数字が記載されていない場合も改ざんの可能性が高いので気を付けなくてはいけません。車検証には左下に新旧の走行距離計表示値のデータが記載されています。このデータは通常新しい物より古い方が数値が少なくなることはないので、この点からも改ざんを見極めることが可能です。